WPlogs

WordPressを中心にWeb関連の情報発信。PHP、CakePHP、HTML5、SEOなど。 ※旧名称「SEO人」、旧URL「http://seo.net-luck.com/」

*

Facebook開発者登録とページ投稿・OGP用Facebookアプリの作り方

      2015/06/01

Facebook

出典:http://www.flickr.com/photos/marcopako/2391747442/

以前、WordPressプラグイン「Open Graph Pro」を使用したOGPの設定方法を紹介しました。

WordPressプラグイン「Open Graph Pro」でOGP対応

また、Facebook公式プラグインによるFacebook連携(投稿)する方法を紹介しました。

「Wordbooker」サポート終了、Facebook公式プラグインへ乗り換え

どちらも設定するには、Facebookアプリを作成し、アプリケーションID、シークレットキーを取得する必要があります。

なので、Facebook開発者登録の方法と、Facebookアプリの作成方法を紹介します。

スポンサード リンク

Facebook開発者への登録

まずは、Facebookアプリを作成するためにFacebook開発者登録を行います。

開発者登録といっても、難しいことはありません。

Facebookにログインした状態で、Facebook開発者ページへ。

上部メニューバーの「Apps」⇒「Register as a Developer」へ。

Facebookアプリ

プライバシーポリシーの同意で、「はい」を選択し、「次へ」をクリックする。

Facebookアプリ

Facebook開発者として登録するためには、アカウント認証のために電話番号が必要になる。

電話番号を入力し、「SMSで受け取る」をクリックする。

そうすると、ショートメールが送信されてくるので、そこに記載されている認証コードを入力する。

Facebookアプリ

アカウント認証が完了すれば、これでFacebook開発者登録は完了。

Facebookアプリ

Facebookアプリの作成

Facebook開発者登録が完了すれば、次はFacebookアプリを作成する。

上部メニューバーの「Apps」⇒「Create a New App」へ。

Facebookアプリ

「Display Name」にFacebookアプリの名前を入力する。

「カテゴリ」は、今回はFacebookページへ投稿するアプリなので、「ページ用アプリ」を選択する。

Facebookアプリ

セキュリティチェックで、画像の文字を入力する。

Facebookアプリ

認証が完了すれば、Facebookアプリの完成。

ここに表示されている「App ID」(アプリケーションID)、「App Secret」(シークレットキー)が、このFacebookアプリを使用するための認証で必要になる。

「App Secret」(シークレットキー)は、「Show」ボタンをクリックし、Facebookのパスワード入力を行えば確認できる。

Facebookアプリ

最後に、Facebookアプリの設定を少しだけ行う。

左側メニューの「Settings」を開く。

Facebookアプリ

「+Add Platform」をクリックし、プラットフォーム選択で、「Website」を選択する。

Facebookアプリ

プラットフォームに、「ウェブサイト」が追加されたので、このFacebookアプリを使用するサイトのURLとモバイルサイトのURLを入力する。

同様に、Facebookアプリ設定の「App Domains」にも同じURLを入力する。

Facebookアプリ

以上で、Facebookアプリの作成と設定は完了です。

後は、取得したアプリケーションID、シークレットキーをFacebook公式プラグインなどの必要なところに設定しましょう。

 - Facebook