WPlogs

WordPressを中心にWeb関連の情報発信。PHP、CakePHP、HTML5、SEOなど。 ※旧名称「SEO人」、旧URL「http://seo.net-luck.com/」

*

Webサイト・ブログ用のFacebookページのメリットと作り方

      2015/06/01

Facebook

出典:http://www.flickr.com/photos/marcopako/2391747442/

Facebookには、個人のアカウントページとは別に、企業やブランド、個人の活動やサークルなどの団体での活動を紹介したり、交流の場とすることができるFacebookページというものがある。

FacebookとWebサイトやブログなどを連携し、更新情報などを投稿する場合は、個人のタイムラインではなく、Facebookページを作成し、そこへ投稿した方がいろいろとメリットが多い。

そこで、今回はそのFacebookページのメリットと作り方を紹介します。

スポンサード リンク

Facebookページのメリット

Facebookページは、個人アカウントページとどのような違いがあるのか。

比較しながら、見ていきたいと思います。

アカウント数

  • 個人アカウント…1つ
  • Facebookページ…無制限

個人アカウントでは、作成できるアカウントは自分のもの1つだが、Facebookページは、個人アカウントがあれば無制限に作成することができる。

Webサイトやブログを複数運営している場合は、それぞれ分けてFacebookページを作成し、投稿できる。

個人のタイムラインに、あれもこれもと複数のWebサイト・ブログの更新情報が表示されてたら、煩雑で見る側としても分かりにくいですよね。

ページ管理者

  • 個人アカウント…1人
  • Facebookページ…複数人

個人アカウントでは、管理者はもちろん自分1人だが、Facebookページは、複数人で管理することができる。

これは、企業のページとかだととても便利。

企業のページを作ったとしても、管理者が1人だけだと、大変ですよね。

友達・ファン(「いいね!」を押す)上限数

  • 個人アカウント…5,000人
  • Facebookページ…無制限

ここが一番大きなポイント。

個人アカウントでは、友達の上限数は5,000人だけだが、Facebookページは、ファン(「いいね!」を押した人の数)は無制限。

ちなみに、Facebookページはファンになる(Facebookページに「いいね!」を押す)ことで、ニュースフィードにそのFacebookページの更新情報が表示されるようになる。

なので、FacebookページとWebサイト・ブログを連携(投稿)していれば、RSSリーダーのようにFacebookでそのWebサイト・ブログを購読してもらうことができる。

Facebookの使い方・投稿内容

  • 個人アカウント…個人のプライベートの内容
  • Facebookページ…ビジネス的な内容

これは、個人的に思うこと。

Facebook利用者は、Facebookを友達との繋がり、プライベートの写真をアップして友達と共有する使い方をしている人が圧倒的に多いので、個人のニュースフィード(タイムライン)にビジネス的な内容を投稿するのは、あまり好まれない。

なので、そのようなビジネス的な内容を投稿する場合は、Facebookページを作成し、そこで投稿する方が良いと思う。

Facebookページの作り方

では、Facebookページの作り方に入っていこうと思う。

まずは、Facebookへログインし、上部青色のメニューバーの右端「▽」より、「ページを作成」へ。

Facebookページ

「Facebookページを作成」を開く。

Facebookページ

「ブランドまたは製品」で、「ウェブサイト」を選択し、Facebookページにつける名前を入力する。

Facebookページ

あとは、画面に従い入力していく。

まずは、基本データとしてURLを入力する。

FacebookページのURLも指定することができるのだが、これを設定するには最低25人のファンが必要らしい。

ちなみに、後からでも設定できるが、変更できるのは1回まで。

Facebookページ

続いて、プロフィール写真を設定する。

Facebookページ

そして、Facebookトップページのお気に入りに追加するかどうかを設定する。

Facebookページ

最後に、広告を作成するかどうかを設定する。

広告を作成しない場合は、スキップでよい。

Facebookページ

これで、Facebookページが完成した。

Facebookページ

最後に、Facebookページのカバーが設定されていないので、適当な画像を用意し、「カバーを追加」でカバーを設定しよう。

そうすると、それなりの見栄えFacebookページが完成した。

Facebookページ

あとは、Webサイトやブログなどの更新情報をFacebookページと連携して、投稿していくだけです。

WebサイトやブログとFacebookページの連携(投稿)については、こちらの記事を参考にしてください。

「Wordbooker」サポート終了、Facebook公式プラグインへ乗り換え

以上です。

参考サイト

Facebookページは使わずに、個人のアカウントでビジネスしちゃダメなの? | インサイトスコープ
私はFacebookページを作成するべきでしょうか、それとも私の個人アカウントからの公開アップデートのフォローを許可するべきでしょうか。 | Facebookヘルプセンター

 - Facebook