WPlogs

WordPressを中心にWeb関連の情報発信。PHP、CakePHP、HTML5、SEOなど。 ※旧名称「SEO人」、旧URL「http://seo.net-luck.com/」

*

ファビコン画像を取得する便利なWebサービス(API)

      2015/11/04

Web

出典:http://www.ashinari.com/2009/01/29-013096.php

自分のホームページやブログを紹介する際に、ただのリンクを貼るだけだとあまり目立ちません。

なので、目立って、かつ覚えてもらいやすい良い方法はないかなと考えていました。

そんな時にふと目に留まったのが、こちら。

ファビコン画像取得API

Googleウェブマスターツール」のサイト選択のところなんだが、どうもファビコンを取得して画像を表示しているようです。

こんな感じで、リンクの前にファビコン画像を表示できたら、目立って覚えてもらいやすくて良さそう!

ということで、その方法を調べてみました。

スポンサード リンク

ファビコン画像取得API

先ほどの表示されている画像のURLを見てみると、以下のようになっていました。

https://s2.googleusercontent.com/s2/favicons?domain_url=http://itmemo.net-luck.com/

どうやらファビコン画像を取得するAPIが存在するようです。

調べてみると、いろいろとありました。

Favicon Converter(公式サービス)

<URL書式>
http://favicon.qfor.info/f/[URL]

<サンプルURL>
http://favicon.qfor.info/f/http://www.google.co.jp/
<サンプル画像>

<取得できなかった場合の画像>

Google API(非公式サービス)

<URL書式>
http://www.google.com/s2/favicons?domain=[ドメイン]

<サンプルURL>
http://www.google.com/s2/favicons?domain=www.google.co.jp
<サンプル画像>

<取得できなかった場合の画像>

Hatena::Favicon(非公式サービス)

<URL書式>
http://favicon.hatena.ne.jp/?url=[URL]

<サンプルURL>
http://favicon.hatena.ne.jp/?url=http://www.google.co.jp/
<サンプル画像>

<取得できなかった場合の画像>

ファビコン画像取得APIを使用する

上記の「Favicon Converter」以外は、APIドキュメントにも特に載っておらず、非公式サービスのようなので、いつ使用不可になるか分からないのが少しネックです。

しかし、3つとも試してみたところ、目的のサイト全てのファビコン画像を取得できたのが、「Hatena::Favicon」だったので、こちらを使用することにしました。

実際のソースは、こちら。

で、こんな感じで完成!

ファビコン画像取得API

ファビコン画像取得APIを使用して、簡単に目立たせることができました。

参考サイト

リンク先のFaviconを取得・表示できるWebサービス(API)とJavaScript・プラグインまとめ : Web Memo.SE
Faviconを取得する : すぐに忘れちゃうので覚書

 - Webサービス