WPlogs

WordPressを中心にWeb関連の情報発信。PHP、CakePHP、HTML5、SEOなど。 ※旧名称「SEO人」、旧URL「http://seo.net-luck.com/」

*

「functions.php」で関数「add_shortcode」を使用しショートコードタグを追加

      2015/05/24

WordPress

出典:http://www.flickr.com/photos/oakleyfamily/4919659112/

WordPressのテーマには、テーマのための関数「functions.php」ファイルが用意されており、ちょっとしたことなら、プラグインなどを使用するまでもなくPHPを組んで実現することができる。

今回は、その「functions.php」ファイルで、「ショートコードタグ」を追加する。

ショートコードタグ」とは、HTMLソースを生成する意味のあるタグであり、投稿・ページ内容に「[test]」のように記述しておくことで、HTMLソースを生成させることができる。

その「ショートコードタグ」は、関数「add_shortcode」を使用することで追加できる。

各ページ共通で書きたい内容などを「ショートコードタグ」にしておくと、便利である。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • WordPress 3.9

スポンサード リンク

「functions.php」ファイルへ追加

まずは、「functions.php」ファイルへ関数を追加する。

なお、当ブログでは、各ページでAmazonの商品リンクを表示しているので、それを取得する関数を追加した。

また、ページのジャンルによって表示内容を変更したいので、この関数は引数を受け取り、判断するようにしている。

関数を追加後、「add_shortcode」関数で、追加した関数を指定し、ショートコードタグを追加する。

追加したショートコードタグは、以下のようにして呼び出す。

投稿・ページの内容にこのショートコードタグを記述すれば、ページを開く際にHTMLを生成してくれる。

以上です。

参考サイト

関数リファレンス/add shortcode – WordPress Codex 日本語版

 - PHP, WordPress全般