WPlogs

WordPressを中心にWeb関連の情報発信。PHP、CakePHP、HTML5、SEOなど。 ※旧名称「SEO人」、旧URL「http://seo.net-luck.com/」

*

Twitter Developersでアプリを作成し、APIキー、アクセストークンを取得する手順

   

Twitter

出典:https://about.twitter.com/ja/company/brand-assets

WordPressでTwitterと連携してツイートなどを行う場合、プラグインにもよりますが、Twitterアプリを作成し、APIキー、アクセストークンなどが必要になります。

私も利用しているWordPressプラグインの「Social Networks Auto-Poster」は、必要ですね。

なので、今回はTwitter DevelopersでTwitterアプリを作成し、APIキー、アクセストークンを取得する手順を紹介します。

スポンサード リンク

電話番号の登録

Twitterアプリを作成するには、まず電話番号の登録が必要です。

アプリを作成するTwitterアカウントにログインして、「設定」メニューの「モバイル」を開きます。

以下のように、電話番号を入力します。

  • 「国/地域」…「日本」
  • 「電話番号」…先頭の「0」が「+81」に変わるので、それ以降の番号を入力

Twitter Apps

個人用やブログ用など、Twitterアカウントを複数持っていて、すでにどれかのアカウントに電話番号を登録済みの場合は、他のアカウントで登録できません。

その場合は、登録済みのアカウントで電話番号を削除してから行うと、問題なく登録できるので試してみてください。

電話番号を入力したら、その電話番号宛にショートメール(SMS)が送信されるので、そこに記載されている認証用コードを入力します。

Twitter Apps

そうすると、電話番号の登録完了です。

Twitter Apps

Twitterアプリの作成

続いて、Twitterアプリを作成します。

アプリを作成するTwitterアカウントにログインして、Twitter Developersへアクセスします。

こちらは、事前に何か登録などは必要ないみたいです。

アクセスしたら、左側メニューの「Manage My Apps」を開きます。

「Create New App」をクリック。

Twitter Apps

アプリの詳細を入力して、同意して次へ。

  • 「Name」…アプリ名
  • 「Description」…アプリの説明
  • 「Website」…Twitter連携するホームページやブログのURL

Twitter Apps

これで、Twitterアプリが作成されました。

Twitter Apps

上メニューの「Key and Access Tokens」を開きます。

そうすると、このアプリのAPIキー、APIシークレットキーが確認できます。

Twitter Apps

下の方にスクロールすると、アクセストークンの箇所があります。

Twitter Apps

デフォルトの状態では、アクセストークンは作成されていないので、「Create my access token」をクリックして作成します。

これで、アクセストークン、アクセストークンのシークレットキーが作成されました。

Twitter Apps

ちなみに、上メニューの「Permissions」で権限を変更できますが、Twitter連携でツイートするだけなら、デフォルトの「Read and Write」で問題ないと思います。

Twitter Apps

これで、Twitter連携プラグインなどに必要なAPIキー、APIシークレットキー、アクセストークン、アクセストークンのシークレットキーが揃いました。

後は、設定するのみです!

 - Twitter