WPlogs

WordPressを中心にWeb関連の情報発信。PHP、CakePHP、HTML5、SEOなど。 ※旧名称「SEO人」、旧URL「http://seo.net-luck.com/」

*

WordPress開発環境構築手順(初級編)-XAMPPのインストール

      2016/07/10

XAMPP

出典:http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Xampp_logo.svg

WordPressを使用してホームページやブログを運営している場合、テーマのカスタマイズを行うときは、インターネット上に公開されている本番環境のものを直接修正するのは、あまりよくないですよね。

万が一、修正を誤って画面が表示されないようになり、閲覧してくれるユーザーに離脱されてはもったいないです。

なので、本番環境とは別に、普段使用しているローカルPCにテスト用・開発用の環境を構築し、そこで動作確認をするのがおすすめです。

今回は、WindowsにXAMPPを使用したWordPress環境を構築する手順で、「XAMPP」のインストールと設定を詳しく丁寧に解説します。

WordPressのインストール手順はこちら⇒WordPress開発環境構築手順(初級編)-WordPressのインストール

WordPress初心者や、WordPressでテーマのカスタマイズを少し行うといった方向けの内容になります。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(64bit)
  • XAMPP 5.6.8(PHP 5.6.8)
  • WordPress 4.2.2

スポンサード リンク

XAMPPのインストール

XAMPPとは

「XAMPP」とは、必要なソフトウェアがパッケージ化されたWebアプリケーション開発環境です。

プログラミング言語の「PHP」、「Perl」、Webサーバーの「Apache HTTP Server」、データベースの「MySQL」などが含まれており、個別にインストールと設定を行うのは大変なところを、パッケージ化して簡単に使えるようにしてくれています。

なお、WordPressは「LAMP」と言われるWebアプリケーションのオープンソースソフトウェアの組み合わせが動作環境であり、XAMPPを使用して動作させることができます。

XAMPPのダウンロード

では、早速本題に入り、XAMPPをインストールします。

まずは、XAMPP公式サイトへアクセスし、XAMPPをダウンロードする。

XAMPP インストール

XAMPPのインストール

続いて、ダウンロードしたファイル「xampp-win32-5.6.8-0-VC11-installer.exe」を実行し、XAMPPをインストールする。

この時、ウイルスソフトを実行していたらエラーとなる可能性があるといったメッセージが出ましたが、そのままインストールを続けて問題ありませんでした。

XAMPP インストール

インストールするものを選択し、次へ。

基本的に初期値の全て選択でOK。

XAMPP インストール

インストールフォルダを指定し、次へ。

基本的に初期値の「C:\xampp」でOK。

XAMPP インストール

これは関係ないのでチェックを外して、次へ。

XAMPP インストール

続いて、次へ。

そうすると、コマンドプロンプトが立ち上がり、インストールが開始する。

XAMPP インストール

少し待ってインストール完了です。

XAMPP インストール

XAMPPの起動

XAMPPのコントロールパネル

インストールの最終画面でチェックを入れていた場合、そのまま自動でXAMPPコントロールパネルを開くことができます。

手動で開く場合は、インストールフォルダ(「C:\xampp」)の「xampp-control.exe」を実行し、XAMPPコントロールパネルを開きます。

XAMPP インストール

ちなみに、今回は実行ファイル形式のインストーラでインストールしましたが、ZIP形式のファイルでもインストールできます。

その場合は、任意の場所(「C:\xampp」など)にZIPファイルを解凍して設置し、設置したフォルダ内の「setup_xampp.bat」を実行すれば、同じように使えるようになります。

XAMPP インストール

開いたら、「Apache」、「MySQL」を「Start」ボタンでサービスを開始しましょう。

XAMPP インストール

XAMPPのWebページ

サービスを開始したら、ブラウザを開いて、「http://localhost/」へアクセスします。

XAMPP インストール

言語を選択し、トップページへ。

画面が表示されれば、正しくインストールできて、正常に動いています。

XAMPP インストール

左側のメニューでいろいろな機能が並んでいますが、この画面でよく使用するのは、以下の2つぐらいです。

  • 「phpinfo()」…PHPの設定情報表示
  • 「phpMyAdmin」…データベース「MySQL」の管理ツール

XAMPPの設定

XAMPPのタイムゾーン設定

XAMPPのタイムゾーン設定を変更しておきます。

左側のメニューから「phpinfo()」の画面を開いてみると、デフォルトのタイムゾーン設定が「ベルリン」(Europe/Berlin)になっており、これでは時刻が8時間ほどずれてしまいます。

XAMPP インストール

なので、タイムゾーンを「東京」(Asia/Tokyo)に設定します。

PHP設定ファイル「C:\xampp\php\php.ini」を開き、以下のように「Europe/Berlin」の箇所を「Asia/Tokyo」に修正します。

修正が終われば、XAMPPコントロールパネルで、起動中の「Apache」、「MySQL」を再起動し、もう一度「phpinfo()」の画面を開いてみます。

そうすると、無事にタイムゾーンが「東京」(Asia/Tokyo)に変わっていますね。

XAMPP インストール

XAMPPのSSL設定

https通信を行う場合は、こちらを設定しておかないといけません。

上記と同様に、「php.ini」ファイルの「extension=php_openssl.dll」の文頭のセミコロンを外して有効かしておきます。

XAMPPのインストールと設定は、以上です。

WordPressのインストール手順はこちら⇒WordPress開発環境構築手順(初級編)-WordPressのインストール

参考サイト

PHP、Perl(LAMP)開発環境「XAMPP」のインストール手順

 - PHP, WordPress全般, サーバー/開発環境