WPlogs

WordPressを中心にWeb関連の情報発信。PHP、CakePHP、HTML5、SEOなど。 ※旧名称「SEO人」、旧URL「http://seo.net-luck.com/」

*

SEOを考慮したWordPressの基本設定1(パーマリンク設定)

      2015/12/11

WordPress

出典:http://www.flickr.com/photos/oakleyfamily/4919659112/

WordPressを使用し、検索エンジン最適化(SEO)を考える場合に、しておいた方がよい設定がある。

今回は「パーマリンク設定」について。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • WordPress 3.8

スポンサード リンク

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定画面

パーマリンク」とは、記事のURLのこと。

設定画面は「設定」⇒「パーマリンク設定」にあり、画像はこちら。

Wordpress パーマリンク設定

以下のように、いろいろと設定が可能だが、どれにすべきなのか。

  • 「デフォルト」…「http://sample.com/?p=投稿ID」
  • 「日付と投稿名」…「http://sample.com/2014/01/02/投稿名/」
  • 「月と投稿名」…「http://sample.com/2014/01/投稿名/」
  • 「数字ベース」…「http://sample.com/archives/投稿ID」
  • 「投稿名」…「http://sample.com/投稿名/」
  • 「カスタム構造」…「http://sample.com/カテゴリー名(タグ名)/投稿名/」 など

パーマリンクの推奨設定

おすすめは、「投稿名」でしょう。

当ブログでは、「投稿名」として、記事のキーワードを英語でハイフンで繋げている。

2記事連続した内容などで連番がある場合は、最後に数字をつけている。

実際は、こんな感じです。

  • http://wplogs.com/wordpress-setting-1/

「投稿名」が推奨理由

まず、投稿IDのものは、URLから記事の内容が分からなくなってしまうので、やめておいた方がいい。

続いて、日付や月のものは、URLが長くなってしまう。

カテゴリー名(タグ名)などを前につけるのも同様に、URLが長くなるし、複数のカテゴリー・タグに属する記事の場合、URLが複数存在してしまうことになるため、SEO的にはあまりよろしくない。

そのため、「投稿名」にしているわけだが、日本語のままの投稿名を使用すると、2バイト文字で「http://sample.com/SEO%82%f0%8dl%97%b6%82%b5%82%bdWordPress%82%cc%8a%ee%96%7b%90%dd%92%e8%82P%81i%83p%81%5b%83%7d%83%8a%83%93%83N%90%dd%92%e8%81j/」のようになってしまう。

これは見た目もかっこ悪く、非常に長いURLになってしまうため、英語にする方がベター。

後は、URLを変更すると、Facebookの「いいね」数などは引き継がれないので、変更することのないように命名する際に注意する。

以上です。

 - SEO/SEM, WordPress全般